コラム記事

売り方を変えてバカ売れした商品

森永乳業の商品に『黄金比率プリン』という商品がある

美味しいけど売れ筋商品ではないし全国どこででも手に入る

ある街に廃業を考える程さびれたスーパーがあった

その店での黄金比率プリンの売れ行きは月間20〜50個

しかしこのどこにでもある普通のプリンの【売り方】を変えて半年後に月間1,000個も売れる商品となった事例がある

もちろん全国どこでも手に入るプリンで、他所の店では特段目立つ事のない普通の売上

しかし

このお店だけが特出して売れている

このお店は一体何をやったのだろうか?

実はこのプリンが月間1000個売れるまでには売り方を変えていくストーリーがある

元々このお店では黄金比率プリンは月間20個〜50個しか売れな

よっていつものように4個注文した所、間違って96個届いてしまった

返品する訳にもいかず、賞味期限も10日しかない

店長はこれは売り切るしかないと考えた

まずは、ご来店して頂いたお客様へ「美味しいプリンが入荷しましたよ」っと声をかけた

すると1日で50個、2日で96個全てが売れた

購入して下さったお客様より、あれ美味しかったよ。っと多くの声を頂き、

店長はイケると考えて、今度は前回の1.5倍、144個の追加注文をした

プリンの入荷日に合わせたチラシに「○○さ~ん、あのプリンだよ。試食した人全員がうまいと言いました」と事実を書きました

さらに店の入り口、陳列棚、レジに様々なPOPを掲示した

これらの活動が功を奏し、二回目の仕入れ144個もまた2日間で完売した

総計240個を売り切った

そこで店長はさらに考えた

これはやればやるほど売れるのではないかと

この後は床POPを追加した状態で3か月続けた

その結果月平均500個というペースに落ち着いてきた

ここまでの動機付けではここが限界のようだった

しかし

店長はこれを限界だとは捉えなかった

店頭に看板を設置してアピールを追加した

その効果はあり、月の販売数は685個と再び伸び始めた

そして次は、今までと少しやり方を変えて、プリンの話をまとめたチラシを作成し配布を始めた

これが効果抜群だった

このチラシを配布した月には874個売れ、その翌月にレジのPOPを目立つように変更するとこれもまた効果があり、月の販売数は1181個

ついに1000個を超えた

その翌月は新たな動機づけは行わなかったが月の販売数は1031

連続で1000個超えを達成した

こうして黄金比率プリンは月間1000個売れる商品となった

1つのプリンがこんなに売れてしまうと他のデザートが売れなくなりそうな気がするが実際はそうではない

この店では他の商品も前年を上回る数量が売れている

最後までご覧いただきありがとうございます

私たちは、0円で日本一を達成したホンモノの実績を持つコンサル集団です

BRAINDIVE株式会社

業界初!新感覚【無料】コンサルタント

私たちのノウハウを本当に無料で提供致します!

まずは、お気軽にお問い合わせください

友だち追加

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 伝説の名著ハイパーマーケティング

  2. サルの不公平実験

  3. とっても怖いピーターの法則

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
TOP