マーケティングシリーズ

26歳で1億円を稼いだ「ウォール街の狼」が使った営業術とは?

営業術「ウォール街の狼」と呼ばれたジョーダン・ベルフォート

ジョーダン・ベルフォート

アメリカの実業家で、彼の半生が映画『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』で描かれたことで広く知られています。

ジョーダン・ベルフォートはウォールストリートで成功を収め、ストレートライン・システムと呼ばれる販売テクニックを用いて多額の収益を上げました。

ストレートライン・システムとは

ストレートライン・システムは、高額な商品やサービスを販売するためのセールステクニックで、主にテレマーケティングや直接販売業界で使用されます。

以下は、このシステムの主要な要点です

1:プロスペクティング(見込み客の発見)

まず、潜在的な顧客を見つけるプロセスが行われます。これはデータベースの構築、リードの収集、市場調査などを含みます。

あなたが何かを売りたいと思う人を見つけること

例えば、あなたが新しいおもちゃを売りたい場合、おもちゃを欲しがる友達や家族を見つけることが大事です。

2:アプローチ(アプローチ方法)

見込み客に対してアプローチ方法を開発し、コンタクトを取ります。通常、テレフォンや直接訪問が使用されます。アプローチ方法は、商品やサービスの魅力を伝え、顧客の関心を引くことを目的とします。

見込み客に、あなたのおもちゃの素晴らしい点を話し、それがなぜ素晴らしいかを伝えます。

例えば、「このおもちゃは楽しくて、新しいゲームができるんだよ!」と伝えます。

3:クオリファイ(資格チェック)

見込み客とのコミュニケーションを通じて、その人の資金力やニーズを評価し、商品やサービスが適しているかどうかを判断します。

見込み客に質問して、おもちゃが彼らに合っているかどうかを確認します。

例えば、「何種類のおもちゃが好きですか?」

4:プレゼンテーション(提案の提示)

見込み客に対して、商品やサービスの詳細な説明を行い、その利点を強調します。説得力のあるプレゼンテーションが重要です。

おもちゃがどのように遊べるか、どのように楽しいかを説明します。

例えば、「このおもちゃにはカラフルなボタンがあって、それを押すと音楽が流れるんだよ!」

5:クロージング(契約締

最終的な契約締結を促す段階で、見込み客を説得し、取引を成立させます。

見込み客がおもちゃを欲しがっているなら、おもちゃを売ります。

例えば、「このおもちゃを買って、一緒に遊ぼう!」

6:アフターケア(サポート提

取引が成立した後も、顧客に対してサポートを提供し、長期的な関係を築くことが重要です。

おもちゃを買った後も、見込み客にサポートを提供し、おもちゃの使い方や楽しさについて質問に答えます。

例えば、「おもちゃの使い方がわからないときには、何でも聞いてね!」

ジョーダン・ベルフォートは、これらのステップを効果的に組み合わせ、高額な株式やその他の金融商品を販売する際に大きな成功を収めました。ただし、その手法はしばしば倫理的な問題を引き起こし、法的な問題にも巻き込まれたことで知られています。彼の経歴は複雑で論争的であり、その成功と問題の両方が彼のストレートライン・システムに関連しています。

つまりストレートライン・システムは、何かを売る際のステップや方法を整理し、お客様にわかりやすく説明し、購入の決断をサポートする手法です。

最後までご覧いただきありがとうございます

私たちは、0円で日本一を達成したホンモノの実績を持つコンサル集団です

BRAINDIVE株式会社

業界初!新感覚【無料】コンサルタント

私たちのノウハウを本当に無料で提供致します!

まずは、お気軽にお問い合わせください

友だち追加

関連記事

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント」画面にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

最近の記事

  1. 伝説の名著ハイパーマーケティング

  2. サルの不公平実験

  3. とっても怖いピーターの法則

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP